コース紹介

海外生活や帰国後の生活でお子様やご家庭が抱える悩みはそれぞれです。だからこそ、それぞれのご家庭、お子様ひとり一人に合わせたサポートを提供します。

すべてのコースに共通する特徴

TCK Workshopに所属する講師は、優秀なだけでなく同じ受験経験を乗り越えた先輩たちです。自身の経験を活かした学習のサポートはもちろん、同じ帰国子女だからこそできる「心」のサポートも致します。

コース紹介トップ

・指導経験・海外経験豊富な講師による指導とメンタルサポート

海外在住のお子様を指導を担当する講師は、全員が帰国子女経験や長期の留学経験を有しております。 また、日本の中学・高校・大学への編入試験を経験しているため、自身の経験を活かした実践的な受験対策指導はもちろんのこと、親御様とお子様のメンタルサポートも行うことが可能です。

・海外にいながら日本トップレベルの学科指導

TCK Workshopに在籍している全講師は、日本の難関大学(東京大学、京都大学、慶應義塾大学、早稲田大学)や海外の大学を卒業、または在籍しているため、トップレベルな指導が可能です。

・世界中どこでも指導可能な完全1対1のオンライン指導

インターネットをご利用できる環境さえあれば、特別な機器をそろえていただくことなく指導を受けることが可能です。 Skypeとオンラインホワイトボードを使用し、お子様をリアルタイムで指導いたします。疑問に思ったことなどはすぐに講師に質問することができます。

帰国子女受験対策コース

本人の意思や希望で行く海外留学とは異なり、親御様の仕事の都合で海外で就学するお子様達は様々な課題に直面します。

帰国生入試は、あくまで日本とは異なる教育環境で育つ子供たちが一般入試の対応が困難であることを考慮して設置された制度です。近年、帰国子女の受け入れ方が多様化し柔軟になってきてはおりますが、依然人気校など限られた学校への志願者の集中により入試の倍率は高く、また編入にあたっては情報の少なさや前例の少なさから試験対策そのものに取り組むことが難しいとされています。英語圏以外各地域からの子女数も増え英語力だけでは勝負が難しくなりつつあり競争は激化していく事が今後も予想されます。

受験校によって「帰国子女」の定義も異なれば、受験に必要な書類、試験内容も様々です。海外での滞在期間や英語力のみで必ずしも合格できるというものではありません。余裕をもって準備を進めることが必要となります。

受験勉強のため、現地での生活や海外滞在経験を通して育まれる豊かな感性を蔑ろにしてはいけません。語学習得、文化の適応、現地での生活で乗り越えた壁一つ一つが学びであり、学力以外にも姿勢、思考力、そして人間性も評価の対象となります。

学校が求める人物像、自分自身が行きたい学校像を理解した上で学校選びをして合格に向けた対策をすること、そして入学後の明るい未来を設計することが帰国子女受験にとって最も重要なポイントとなります。

TCK Workshopの強みは、学科対策から語学力まで受験を包括的にサポートする講師陣と帰国前から帰国後までどの国からでも断続的にサポートができるオンライン授業という指導形態です。1対1の指導だからこそお子様一人一人の状況に合わせた学習カリキュラムを用意いたします。各科目の対策はもちろんのこと、英検やTOEIC、TOEFLなど英語力に特化した授業、日本語の小論文、英語のEssay対策にも柔軟に対応できます。保護者様に向けては学習相談や進路相談も行い、お子様を合格まで応援しサポートを続けます。

コース料金

学生講師6,000円 / $60
プロ講師7,000円 / $70
トッププロ講師10,000円 / $100

※学年問わず、一律の料金です。

補習校サポート

補習校は海外子女にとって強い味方。授業はもちろん、日本語で話せる仲間ができたり、行事を通じて日本の文化に親しむことができたりする貴重な場です。

しかし、膨大な宿題をこなしたり、足りない学習を補うためのフォローがご家庭に求められるため、日本語教育を担うお母様に過度な負担がかかりがちです。読み書きのがぐんと難しくなる小学3年生、反抗期が始まる小学5年生、現地校や課外活動が忙しくなる6年生・中学3年生で、補習校を続けることによる親子の時間的・精神的な負担があまりに大きくなってしまうことが少なくありません。

TCK Workshopの社長や講師も、子供のころ「もう補習校を辞めたい」「なぜ日本語なんか」と反抗し、母たちを悲しませた経験のある帰国子女です。いまとなれば、無理にでも続けさせてくれた母に感謝しかありません。

しかし、子供心に「母との時間のほとんどが勉強をめぐるけんかになってしまって寂しい」「補習校にこんなに時間を使っていたら、現地校やスポーツで不利になってしまう」と思った気持ちも鮮明に覚えています。その勉強、本当にお母様だけが、フォローしなくてはならないのでしょうか?

お母様は、お母様にしかできないことにお子様との時間を使い、漢字を何回も書いたり、作文のコツを学んだりするのは、オンライン個別指導に任せてみてはいかがでしょうか。同じ経験をし、「がんばったら、こんな風に両方完璧に話せるようになれるんだ!」と思わせてくれるようなお兄さん・お姉さんのバイリンガル講師と1対1で宿題をすると、お互い甘えがないため驚くほど効率的に終わることが多々あります。

また、普段使わない種類の日本語の言葉を使ったり、補習校と現地校の上手なバランスについて実際の先輩からアドバイスをもらい、前向きになったり、いい刺激をもらえることも。講師も海外子女独特の気持ちや好みがよくわかるため、授業後の先生との雑談を楽しみに宿題をがんばってくれる生徒さんもたくさんいます。

コース料金

学生講師 小学1~3年生:4,500円 / $45 小学4~6年生:5,000円 / $50 中・高校生:5,500円 / $55

プロ講師 小学1~3年生:5,500円 / $55 小学4~6年生:6,000円 / $60 中・高校生:6,500円 / $65

英検/TOEIC/TOEFLサポート

英検対策コース

海外帰国子女にとって、英検は強い味方になります。中高帰国枠受験において有利に働くのはもちろん、自分の実力を客観的に知り、英語に自信をつけ、どこにいても英語力を伸ばしてゆくためのよいモチベーションとなります。

TCK Workshopは、小中学生に準1級・1級対策まで教えられる数少ない塾です。実際に小6〜中2で英検1級に合格した元帰国子女講師の経験から、受かるための機械的なテクニックを教えるだけではなく、お子様の視点に立った指導ができます。

例えば、英検で扱われる「環境問題」や「ビジネスと景気」といった社会性の高いトピックを、英語でじっくり読み解く力を着けることによって、自力で楽しく読める英文の幅を広がります。 また、将来高校や大学の課題提出の際に自信をもって持論を展開できるようなライティングの構成力や表現力も、自ずと身につきます。

英検受験がお子様にとって本当に意味のある英語学習となるよう、何級からでも挑戦してみましょう。

コース料金

学生講師 〜2級対策:5,000円 / $50

プロ講師 〜2級対策:6,500円 / $65 準1級対策:8,000円 / $80 1級対策:10,000円 / $100

TOEIC対策コース

英検やTOEFLほど潰しはきかないものの、リーディングとリスニングの2科で受けられ、結果も合否ではなく点数で出るため、比較的気軽に受けられる英語試験です。英検2級程度の実力があれば、かなり有名な高校や大学の応募条件をクリアできる場合もあります。

ただし、本来アジア圏のビジネスマンを主な対象としている試験なので、小中高のお子様が受験する場合にはコツが必要です。TCK WorkshopでのTOEIC指導は、「小売り」「請求書」「在庫」といったビジネス固有の概念をいかに楽しく、生徒さんの興味を引きながら教え、応用が利く知識として身に着けてもらえるかを大切にしています。

高校から起業コンテストなどに参加する米国式の教育に比べ、日本の教育は、社会やビジネスについて知る機会が少ないというのは明らかでしょう。 TCK Workshopの英検対策コースを受講されている生徒さんの中には、「TOEICの勉強で覚えた単語がニュースによく出てくるのでおもしろい」と喜んでくれている生徒さんも実際にいらっしゃり、入学条件等抜きに、普段の生活で感じられるメリットはたくさんあります。 また、駐在先のお仕事で英語を使うお父様が、お子様のモチベーションのためにTOEICのスコアで勝負を申し込み、競い合いながらスコアを伸ばしているという生徒さんもいらっしゃいます。

比較的気軽に受けられ、かつ勉強した時の恩恵は大きい「TOEIC」に、私達と共に挑戦していきましょう。

コース料金

学生講師5,500円 / $55
プロ講師6,500円 / $65
トッププロ講師9,500円 / $95

※学年問わず、一律の料金です。

TOEFL対策コース

難易度は非常に高いものの、全世界で通用する英語資格です。120点満点中、90-100点以上の高スコアをとれば、帰国子女枠の高校・大学受験のトップ校に有利に働き、アメリカ大学の進学にも活路が開けます。

特徴的なのは、出題される英文のトピックがアメリカの大学のキャンパスでの会話や、講義の内容を想定して出題されるため、膨大な単語や文法の知識に加え、文脈から論理構成を類推したり、語調から意図をくみ取ったりといった英語の運用能力が試されます。

付け焼刃の対策では全く歯が立ちませんが、TOEFLをしっかり勉強すれば、日本の英語資格では示すことのできない、知的レベルの高い英語力を手に入れることができます。

TOEFL100点以上を獲得できる日本人はごくまれな中、TCKの日本人講師の最高点はなんと120点中119点です。生徒さんの最高スコアは116点。初めて受けるという方の最初の一歩はもちろん、世界のトップレベルを目指したい方もしっかり応援します。

TOEFLは高い総合力が求められるため、漫然と努力してもスコアは頭打ちをしてしまいます。地道な努力に加え、その努力をスコアにつなげるための方向づけ非常に大切です。

例えばスピーキングテストの最大のコツは、「日本語を介さないこと」。問題が読み上げられてから、わずか30秒の準備時間内で自然な英語の回答を準備するためには、日本語で思いついた回答を英訳するのではなく、英語の質問を聞き、英語で答えを考え、英語しかわからない相手に話しかけているつもりで発話することが必須です。

ライティングテストのコツは、論理構成の定石を理解することです。比較や弁証法のエッセイを書きなれることによって、何とリスニングの問題も「次はこう言うだろうな」というパターンが見えてきます。そして、これは試験の中だけでのテクニックではなく、アメリカの大学や、オフィスで繰り広げられているディスカッションにも応用できるのです。

どうしてもアメリカ大学進学を目指したい生徒さんが、勉強方法を変えることによって、2か月半で80点台のスコアが97点まで上がった実績があります。

コース料金

学生講師5,500円 / $55
プロ講師6,500円 / $65
トッププロ講師9,500円 / $95

※学年問わず、一律の料金です。

IB/SAT/AP/GCSEサポート

日本人学校という選択肢がない、英語圏以外の現地校はハードルが高すぎるなど地域特有の壁があることからインターナショナルスクールで就学するお子様が多く存在します。英語力が身に着く、海外大学進学という選択肢が増えるなど魅力的な部分も多くありますが、お子様本人におかれましては特に通学を始めて最初の1~2年は日々の学習をこなすことが大きな課題となるのが実情です。

進学希望大学へ願書を提出する際に、米国系のインターや現地校に通われるお子様はSAT、AP、ACT、英国系の場合はIBやGCSEといったスコアの提出が求められます。これらのスコアは日本の大学帰国子女受験においても必要なものとなるため、海外大学進学のみならず日本の大学の帰国子女受験対策においても重要な位置づけとされています。

海外滞在経験が既に長い、既に英語は不自由なく話せるといったお子様ではなく、初めての海外滞在で、中学ましてや高校からインターや現地校に通うことになる場合、語学力が身に着くスピードは小学生と比べると遅く、取り組む課題の量も質もハンデが効かない程困難であるケースがほとんどです。

「英語も思った以上に話せるようにならない。課題やテストが英語力が追い付かず学校の学習についていくのに大変苦労している。」
「周りにサポートしてくれる家庭教師や塾などがなかなか見つからない。できれば日本語も通じる人が安心。」
「日本語も英語もどっちつかずになっている。いつ来るかわからない帰国に向けて、日本語での学習もしっかりしないと… 」

アカデミックな内容を英語で学習することの難しさや苦労やそれらに伴う悩みは尽きません。

TCK Workshopでは一人一人のお子様の状況にあわせて日々の学校の課題からSAT, AP, IBといった試験対策のサポートを提供しております。日本のカリキュラムも外国のカリキュラムも理解している講師達だからこそ、いずれの科目においてもお子様が深い理解ができるような丁寧かつ質の高い指導が可能です。日本語と英語両言語で対応が可能であるため、学習はもちろんのこと、日々の悩みや出来事を心置きなく相談できる家族以外の第三者である講師の存在もお子様にとって重要だと私たちは考えます。

コース料金

学生講師6,000円 / $60
プロ講師7,000円 / $70
トッププロ講師10,000円 / $100

※学年問わず、一律の料金です。

バイリンガルサポート

海外永住するお子様の日本語維持や、帰国後のお子様の英語力維持を目的とします。

海外永住を決めた場合、また日本語を話すのが片親のみの場合、お子様に日本語をどこまで学ばせるか迷うことになります。帰国や受験を控えているわけではないので、学びたいのは日本人としてのアイデンティティや豊かな文化を受け継ぐための日本語です。非常に大切なことなのに、伝統的な学習塾や補習校では、そのニーズを理解し、優先的に応えてくれることはまだ稀です。

必然的に親の責任・負担がとても大きくなり、内心葛藤のある方も多いようです。TCK Workshopでは、お子様の目標とニーズに合わせてカスタマイズした授業をつくることができます。永住予定の生徒様に人気なのが、生徒様が好きなテーマの日本語の本を一緒に読み、それについて話したり、慣れてきたら文章を書いたりするという読書授業。

絵本からはじめ、1年で小学3年生レベルの本が読めるようになったお子様や、ご家庭で英語を話していたお子様が「確実に日本語を習得していて、会話に自然に日本語で入ることも時々出てくるようになりました」といったうれしいお声をいただいたご家庭があります。

帰国して英語環境を離れると、お子様は驚くほど速いスピードで英語を忘れてゆきます。周囲になじもうとするあまり、意識的に英語から離れようとするお子様もいるくらいです。せっかく苦労をして身に着けた英語を維持させようと思っても、学校での帰国子女向き英語クラスは時間数に限りがありますし、英語力維持教室ではレベルが低すぎたり、内容がおもしろくなかったり、明確な目標がないためなかなか自ら英語を伸ばそうというやる気がでないと感じるお子様も少なくありません。

TCK Workshopの社長や講師は、帰国後10年以上英語力を保ち、大学・大学院受験の際に平均的なアメリカ人よりも英語ができると評価されたり、就職後も英語力を武器にし、英語によって広がる世界の豊かさを享受してきた者達です。英語を学ぶとなにが楽しいかを感じてもらい、適切な目標を設定し、教え方も楽しかった海外の現地校のようなスタイルで授業を進めることができます。お子様の視点に立ち、英語維持という長い旅を一緒に歩んでゆくのが目標です。