TCK

Evaluation Test 無料実力確認テスト

偏差値を測る目的のものではありません。あくまで、現状のレベルを測るものです。海外にいながら日本の勉強をされるお子様達にとって少しでも現状を理解する手立てになれば幸いです。

海外での学習の手助けに。

日本を離れお子様が日本人学校ではなく、海外で現地校やインターナショナルスクールに通うご家庭も少なくありません。

いつか帰国が決まっていたり、日本国内の学校での進学を希望されている場合は多くのご家庭から以下のようなお悩み相談を頂きます。

「子供が日本の学年相応の学力が果たしてあるのか見当がつかない。」

「補習校に通ってはいるが、補習校だけで十分だろうか。」

「日本を離れてしばらく経つが、何から始めればいいのかわからない。」

英語は日常的に使う環境があるかもしれませんが、国語や数学が得意なのか不得意なのかは、実は学校の成績だけでは測れないことが殆どです。

特に、数学に関しては日本で学ぶ内容と質、そして学び方やスピードどれを取っても海外のそれらと比べても大変異なります。また、日本の受験では統一試験の他に大学独自の筆記を設けられており、それらの数学の問題は学校によってはSATやAP、IBのようなテストで出てくる問題と比べても比較ならないほど難しいです。

そういった対策をするには、勉強のやり方から変えなければなりません。しかし、それ以上に重要なことがあります。最低限の計算力や思考力といった素地がなければ対策すら打てなくなってしまうこともあります。そして、これらは小学校から遅くても中学校で培う能力です。

どちらの教育が良いかという議論はさておき、多くの帰国子女の生徒様から数学や国語(日本語)のレベルのギャップに苦しんだという話は尽きません。 それをきっかけに

「受験も数学/国語を使わない学校で選んだ」「理系の道は諦めた」「自分は数学/国語が苦手なんだ…。」

など、若くして学ぶ意欲を喪失することは非常にもったいないことです。

「英語しかできない帰国子女」では、せっかく苦労して習得した英語も、将来活かすことができなくなってしまいます。

特に、小学生高学年以降から海外滞在を始められたお子様にとっては思考や感情は日本語ベースになっているはずです。将来のためにも英語だけでなく日本語の大切も知り、算数や数学においては日本国内の学年相応の基礎は学ばれておくことをお勧めいたします。

中学生【数学】

  • 中学1年生
  • 中学2年生
  • 中学3年生

ご希望のテストの解答は下記のボタンよりお申し込みください!また、テストの解説授業は1時間無料で受けられます!こちらの無料体験レッスンお申込みからお申し込みください!

※中学3年生の実力テストは、ただいま製作中です。ご希望の方は、下記の解答請求フォームにてお申し込みいただければ、解答とセットでお送りいたします。

TEST
MAIL
いつでも学習相談を承っております!体験レッスンも無料!お気軽にお問い合わせ下さい!